個人のお客様へ

刑事事件

 現在の刑事司法では、供述調書が有罪の決め手になっているというのが実情です。 不本意な供述調書を取られないためには、捜査の最初の段階から弁護士を選任し、その助言に従うのがとても重要です。 また、傷害暴行、軽微な窃盗・横領・詐欺など事案において、被疑事実を認めて正式起訴を回避したい場合には、 早い段階で弁護士を選任し、被害者との示談交渉や情状弁護活動を依頼する必要があります。

 詳しくは当事務所までご相談頂きたいと思います。

<<不動産・賃貸 | 刑事事件 | 消費者被害>>